ノルディスクの魅力やおすすめのソロテントをご紹介! 人気のアスガルドをレンタルする方法も解説

ノルディスクの魅力やおすすめのソロテントをご紹介!人気のアスガルドをレンタルする方法も解説

ノルディスクといえば、その代表作ともいえるコットンテント・アスガルドを想像する人が多いかもしれません。
しかし、ノルディスクはソロテントのラインナップも充実していることをご存じでしょうか?

今回は、ノルディスク製テントの魅力や、おすすめのソロテントについて徹底解説します!

ノルディスク(NORDISK)はどんなブランド?

ノルディスクは、1901年に設立された北欧デンマークのアウトドアブランド。
120年以上の長い歴史があり、テントをはじめ、シュラフ、コット、チェア、薪ストーブ、調理器具など、幅広いアウトドアアイテムを展開しています。

その中でも、やはりノルディスクの最大の魅力といえば、高機能かつデザイン性の高いテントではないでしょうか。
ソロキャンプに最適な超軽量なソロテントから、豪華なグランピングを楽しめるおしゃれな大型コットンテントまで、幅広い種類のテントが展開されているんです。

また、ノルディスクのアイテムは、極寒の地・北欧での使用を想定して作られており、雨・風・雪などの厳しい環境にも対応できる耐久性の高さもメリットの1つ。
長い歴史の中、ノルディスクが世界中で愛されている納得の品質といえますね。

ノルディスク(NORDISK)のテントの魅力

ノルディスク・アスガルド

おしゃれキャンパーなら1度は使ってみたいノルディスク。
人気のコットンテントはもちろん、ラインナップ多彩で高機能なノルディスク製テントの魅力について解説します!

機能性の高いコットンテント

ノルディスクのテントは、多くのモデルがナチュラルな質感のコットン素材を使っています。
オフホワイトのコットンテントはひときわ目を引く上品な高級感があり、グランピング施設にもよく使われていますよね。

そして、コットン素材はデザイン性に優れているだけでなく、キャンプを快適に過ごすための機能も兼ね備えています。

コットン素材は、通気性・遮光性・断熱性に優れているため、季節関係なくキャンプを楽しむことができます。
コットン素材は生地が厚いから夏は暑いのでは?と思う人も多いかもしれません。
でも、実は風通しが良く日陰の作りやすい素材であることから、夏には快適な素材なんですよ。
さらに断熱効果により、冬は温めた空気が逃げず暖かく過ごせるんです。

また、コットン素材は吸水性に優れています。
キャンプ場では朝晩の気温差が高いため、結露が避けられません。
ナイロン素材のテントだと朝の結露がひどくて乾かすのが大変、なんてこともありますよね。
しかし、コットン素材は水分を吸収するので結露が少なく、朝の乾燥時間の短縮になります。

そして、コットン素材が活躍する場面が、キャンプの醍醐味でもある焚き火。
焚き火で火の粉が飛んだ時、ナイロンだと簡単に穴が開いてしまいます。
ですが、コットン素材は難燃性があるため、丈夫で穴が開きにくいのです。
キャンプは焚き火メイン!という人にはノルディスクのコットンテントがおすすめです。

初心者でも設営しやすい

ノルディスクのテントは、基本的にティピー型やベル型といわれるワンポール構造になっています。
ワンポール構造とは、1本のポールを中心に立て、立てたポールに1枚の布を被せて四方をペグで固定するというシンプルな設営方法。
ポールさえ立てられれば後はペグ打ちのみなので、ポールをスリーブに通す作業などがなく初心者でも簡単に設営できます。

また、1枚の布と1本のポールというシンプルな構造のため、収納がコンパクトで持ち運びに便利です。
設営を早く終わらせたい人や、自宅での収納場所が少ない・車載スペースに制限がある人にはおすすめのテントですよ。

ソロ〜大人数まで多彩なラインナップ

ノルディスクといえば、アスガルドに代表されるワンポール型のコットンテントを想像する人も多いかと思いますが、実はナイロン製テントのラインナップも多彩なんです。

軽量でコンパクトなソロテントから大型の2ルームテントやトンネルテントまで、人数や使用用途に合わせて選べるのもノルディスクの魅力!
中には20人を収容できるロッジ型テントもあり、その種類の多さに驚かされます。

そして、今回紹介するソロテントのラインナップも充実しています!
世界一軽くて世界一小さなテント・ロフォテンなど、超軽量なのに機能性の高いハイスペックなテントを取り揃えているんです。
そのデザイン性と機能性の高さは、初心者からベテランまで幅広いキャンパーに支持されています。

ノルディスク(NORDISK)のおすすめソロテント

ここからは、ノルディスクの中でもおすすめなソロテント6選を紹介します!
デザイン性と機能性を兼ね備えたソロテントを探している人は要チェックですよ。

Lofoten(ロフォテン)1 ULW

Nordisk Lofoten 1 テント (引用元:Amazon)

Lofoten(ロフォテン)1 ULWは、世界一軽くて世界一小さい、と謳われているダブルウォールのソロテントです。
ダブルウォールとはインナーシートとフライシートを有するテントのことで、その重さは驚異の約490g!
また、世界一小さいとは収納時のサイズのことで、なんとたったの11cm×22cmになるんです!
500mlペットボトルと同じくらいの長さになるのだから、驚きですよね。
最先端の技術を使用した非常に短いアルミポールがそのコンパクトさを実現しています。

テントの生地は、ノルディスク独自開発の新素材・26 g/m2NortechT-NY 7デニール。
生地両面の3層のシリコンコーティングにより耐久性と撥水性が高く、悪天候時でも安心して使えます。

さらに、コンパクトながら前室もしっかりついていて、収納場所も確保できるんです。
雨天時には雨よけにもなるので、前室があるのは嬉しいポイントですよね。

TELEMARK(テレマーク)1 LW

Nordisk(ノルディスク)TELEMARK(テレマーク)1 LW (引用元:Amazon)

TELEMARK 1 LWは非常に軽量でコンパクトなのに、広くて頑丈なソロテントです。
収納サイズは41 x 12cm・重量は830gで、自転車やバイクでキャンプする人や登山キャンパーにはぴったりのテントですね。

インナーテントは、幅 220 x奥行 98 x高さ 86 cm の広さがあり、大柄の男性でもゆったりと寝られるサイズ。
収納場所となる広い前室もあり、四隅の本体ポールをつなぎ合わせることで前室を跳ね上げることもできます。
そうすることで天井高が高くなるため、しっかり換気をすれば調理もできて、さらに居住性の高い快適なテントになりますよ。

また、アーチ型スマートフライベンチレーションシステムにより通気性も高く、夏でも涼しく過ごせます。

Svalbard(スゥワルバード) 1 PU

NORDISK(ノルディスク) アウトドア キャンプ 1人用テント SVALBARD(スヴァールバル) 1 PU (引用元:Amazon)

Svalbard(スゥワルバード) 1 PU は、収納時50cm×12cmとコンパクトなのにインナーテント265cm×115cmと、広くて快適なテントです。

耐久性が高いことが大きな特徴で、風洞試験で風速32.7m/秒を耐え抜く結果を出しているというから驚きです!
極寒の地・北欧の厳しい環境に耐えうる設計ゆえの構造ですね。

テントの生地はポリエステルで、撥水性に優れているため雨でも水の浸み込みを防いでくれます。
また、紫外線に強いというメリットもあるので、雨でも晴れでも安心して過ごせますよ。
荷物や靴を置くのに十分な前室もあり、1人用としては贅沢な空間を作り出せるテントです。

AsgardTechMini(アスガルド テックミニ)

NORDISK(ノルディスク ) テント 2人用 Asgard Tech Mini Tent (アスガルドテックミニ) (引用元:Amazon)

Asgard Tech Mini(アスガルド テックミニ)は名前の通り、ノルディスク人気シリーズ・アスガルドのミニバージョン。

フロアサイズは約3畳の大きさがあり、ソロ・デュオキャンプにおすすめのテントです。
テント内で就寝するだけなら、大人2人と小さな子ども1人のファミリーキャンプにも使用できますよ。

アスガルドといえばおしゃれで丈夫なポリコットンの質感が魅力ですが、重いという欠点があります。
しかし、アスガルドミニはポリコットン素材の質感・丈夫さはそのままに、4kgという軽さ!
持ち運びが軽くてコンパクトな点も大きなメリットです。
アスガルドに憧れるけど大きすぎる、という人にはミニから入門してみるのもアリですね。

Oppland(オップランド)2 SI

NORDISK(ノルディスク) キャンプ テント ドーム型 OPPLAND (引用元:Amazon)

Oppland(オップランド)2 SIは、2人が並んで就寝できる大きさがあるトンネル型テント。

前面と背面に大きなベンチレーションがあることが最大の特徴で、風通しが良く通気性に優れています。
トンネル型を生かして風を受け流すことができ、強風時でもテントが破損しにくいというメリットもあるんです。

テント生地には伸縮性のあるナイロンを使用しており、破れにくく丈夫で長持ち。
前室は収納や調理をするための十分なスペースがあり、別売のフットプリントを使用すれば居住スペースとして快適に過ごすこともできますよ。

HALLAND(ハッランド)2 LW

NORDISK(ノルディスク) HALLAND(ハッランド)2 LW (引用元:Amazon)

HALLAND(ハッランド)2 LWは、重量1.5kgという超軽量の2人用トンネル型テント。
その軽さの秘密はたった2本のポールで設営可能な構造によるもので、初心者でも設営・撤収が簡単にできるんです。

テント前方と後方にはベンチレーションが装備されていて風通しが良く、暑い夏でも涼しく快適に過ごせます。
収納や調理に使える前室は広く、雨の日でも安心してキャンプを楽しめますよ。
また、テント内からも外の景色を楽しめる構造となっており、コンパクトでありながら開放感も楽しめるテントといえるでしょう。

ノルディスク(NORDISK)といえばアスガルド!

ノルディスクのアスガルド12.6

ノルディスクの代表作ともいえるアスガルド。
洗練されたナチュラルでシンプルなフォルムは、やはりキャンパーなら一度は憧れるテントですよね。
そのおしゃれな外観だけでなく、壁に立ち上がりがあることでデットスペースのない広々空間を作り出せることも大きな魅力です。

ポリコットンのおしゃれな質感、快適に過ごせる広さ、厳しい自然環境にも耐えられる頑丈な設計、冬には暖房器具を入れて暖かく快適に過ごせること。
どれをとっても非の打ちどころのないアスガルドですが、やはりネックなのは価格が高い点ではないでしょうか。

購入するにはハードルが高いけどアスガルドを使ってみたい!という人には、タナベスポーツのキャンプレンタルがおすすめです!

タナベスポーツではアスガルドを気軽にレンタルすることができるので、購入前のお試しとして使用することができますよ。
キャンプを始めたいけど道具がないという初心者も、まずはレンタルから始めてはいかがでしょうか?

ノルディスクの人気テントをレンタル

ノルディスク(NORDISK)のソロテントで、快適なキャンプライフを!

今回は、機能性が高く洗練されたデザインで定評があるノルディスクのソロテントを紹介しました。
ノルディスクといえばおしゃれなポリコットン素材のテントが有名ですが、ソロテントのラインナップも多彩ですよね。
創立120年の老舗ブランド・ノルディスクだからこそできる品質の高さも納得です。

タナベスポーツでは、アスガルド単品はもちろん必要な道具を一緒にレンタルできるセット商品もあるので、初心者でも手軽にキャンプを始められます。
メンテナンスや収納場所の心配もない点もキャンプレンタルの魅力ですよ。

この機会に、ぜひタナベスポーツのキャンプレンタルで、アスガルドの快適さを体験してみてくださいね!

キャンプレンタルはこちら

新着記事

人気記事ランキング

ファミリーで楽しめるワンポールテント

ファミリーキャンプにおすすめ!ワンポールテントの魅力や注意点について解説

ファミリーキャンプにおすすめなワンポールテントは設営が簡単!そして開放感があり子供達も喜ぶ楽しいキャンプができるとこ…

コットンテントは雨の日も使える? 悪天候時の撤収方法やメンテナンス方法をご紹介

コットンテントは雨の日も使える?悪天候時の撤収方法やメンテナンス方法をご…

テント選びで重要視しているポイントは何ですか? 大きさ?機能性?デザイン?こだわりのポイントを持っている人も多いと思…

2人用テントの選び方は?おすすめサイズやレンタルできるテントもご紹介

2人用テントの選び方は?おすすめサイズやレンタルできるテントもご紹介【初…

今回は2人用テントの選び方を徹底解説します!2人用テントと言っても数多くあり、楽天やAmazonで「テント 2人用」…

ワンタッチテントのメリットデメリットを紹介

ワンタッチテントはデメリットが多い? 簡単に設置できる仕組みや他のテント…

ピクニックや夏のレジャーなどで活躍するワンタッチテント。 手軽に設営ができて持ち運びもコンパクトなので、あらゆるシー…

【キャンプ初心者必見】2ルームテントの選び方

2ルームテントのおすすめ5選!メリット・デメリットや選び方について解説

前室のリビングと寝室が分かれている2ルームテントは広々と快適に過ごせておすすめ! スノーピークやフィールドア、コール…

雪中キャンプのすゝめ

雪中キャンプを楽しもう!テントの選び方・設営のポイントを解説

冬の時期だからこそ楽しめる雪中キャンプは、澄んだ空気と静かな景色で自然を楽しめる他、冬のアクティビティもできるから魅…