5月のキャンプは寒い?GWの注意点や、おすすめの春キャンプの服装、過ごし方を紹介!【初心者必見】

新緑が美しく穏やかな気候の5月は、絶好のキャンプシーズン。

梅雨に入る前ということもあって晴天率も高く、初心者さんにとってもキャンプを始めやすい季節なんですよ。
ただ、朝晩と日中の寒暖差が激しいため、しっかり対策をしていかないと痛い目に合うことがあります。

今回は、5月キャンプの注意点やおすすめの服装、過ごし方などを紹介します!
春キャンプから始めたい!と思っている人は必見ですよ。

5月はキャンプにおすすめシーズン!その特徴とは?

5月はキャンプにおすすめシーズン!その特徴とは?

冬の寒さが残る4月から初夏のような気温に変化していき、梅雨に入る前の5月は、キャンプにはもってこいの過ごしやすいシーズンです。

朝晩の寒暖差はあるものの、冬のように着込んだ上にダウンジャケットを羽織っても寒い、ということはありません。
上手に重ね着をすることで、1日の気温の変化に対応することができますよ。
また、冬ではアウターに隠れてしまうスウェットやTシャツなども、春なら魅せるファッションができるので服装選びも楽しいですよね。

ぜひおしゃれなレイヤードファッションをマスターして、春キャンプに出かけましょう!

5月のキャンプで注意したいのは寒暖差

5月のキャンプで注意したいのは寒暖差?

5月は1日の寒暖差が大きく、キャンプでは、屋内では気にならない寒さや暑さでめげてしまうことも。
ここでは、日中と就寝時の服装の違いや、寒くなる夜に準備したい焚き火での過ごし方について解説します!

5月の朝晩はまだまだ寒い

普段家の中で過ごしていると感じにくいかもしれませんが、5月の朝晩の外気温は予想外に寒いもので、10度を切る時もしばしばです。
一方で、日中は初夏のように暑い日があるので、まさかアウターなんていらないよね、なんて思っていると大失敗するんです。

ただ、真冬用のダウンジャケットだと暑かったりするので、5月のキャンプではマウンテンパーカーやフリースを用意しておくのがベストです。
羽織りやすく脱ぎやすい大きめの防寒着がおすすめですよ。

以下のような、羽織りものにもひざ掛けにもなるブランケットも万能に使えて活躍しますね。
防寒着を忘れると、せっかくのキャンプの楽しさが半減してしまうので、しっかり準備しましょう!

日中は暖かいからレイヤリングの準備を

5月は、朝晩は寒くなるものの日中は日差しが強く暑いほどになるので、服装に迷ってしまいますよね。

春キャンプでは、Tシャツ+パーカー、Tシャツ+前開きのシャツなど、レイヤードで着脱しやすい服装にすることがポイントです。

また、日中は汗をかきやすいため、速乾性の高いインナーを着用すると汗を吸ってくれて快適に過ごせますよ。
寒くなる朝晩には保温性の高いインナーに変えるなど、インナーを工夫することでより気温差に対応することができます。

ここでは、速乾性&デザイン性に優れたコロンビアのTシャツを1つ紹介しますので、ぜひチェックしてください!

コロンビア/アーバンハイク ショートスリーブ Tシャツ PM0877 メンズ

コロンビア/アーバンハイク ショートスリーブ Tシャツ PM0877 メンズ (引用元:Amazon)

コロンビア/アーバンハイク ショートスリーブ Tシャツは、アウトドア使用にうれしい機能を併せもった着心地抜群のTシャツです。
快適な着心地の秘密は、優れた吸汗速乾機能「オムニウィック」。
汗を素早く吸収し蒸発させるので、1日中気持ちよく過ごすことができますよ。
また、夏の強い日差しにも負けないUPF40の優れたサンプロテクション機能「オムニシェイド」により、紫外線から肌を守ってくれます。

寝る時の服装は温度調節に注意

快適な睡眠を得るためには、就寝時の服装も大切です。

まず、就寝時に暖かいと思っても、基本的には、長袖・長ズボンを着用しましょう。
5月は虫が増えてくる季節でもあるので、虫刺されを防いでくれます。
汗をかくので、通気性や透湿性のあるインナーを合わせて着用すると、快適に眠れますよ。

また、日没時には急に気温が下がるため、体温調節用にスウェットやフリースを1枚持っておくと安心です。

そして、意外かもしれませんが、寒いからといって、就寝時に厚着をすることはおすすめしません。
厚着をしてシュラフに入ると体温が衣類で遮られてしまい、シュラフ全体に温まった体温が循環せず、逆に寒く感じることがあるのです。

以上のことから、就寝時には、長袖・長ズボンでリラックスできる服装を心がけましょう。

夜は焚き火!燃えない素材選びが大切

夕方から冷え込んでくる5月キャンプでは、まだまだ焚き火で温まりたいと思う季節。
暖房をつけるほどでもない気候だからこそ、春キャンプでの焚き火は体を温める貴重な熱源です。

しかし、焚き火をする際には、衣類の素材選びに注意する必要があります。
ポリエステルなどの化学素材は火の粉が飛んだ時にすぐに穴が開いてしまいます。
一方、ポリコットンやウールなどの天然素材を選べば、燃えにくいのでダメージが少ないのです。

キャンプで焚き火の予定がある人は、難燃性の高い素材の衣類を選びましょう。

5月キャンプに必須の冷え対策ギア

5月キャンプに必須の冷え対策ギア

服装も大切ですが、寒さ対策としてはちょっと頼りないですよね。
ここからは、5月の寒暖差に対応できるキャンプギアを紹介します!

コット:就寝時の底冷え対策

冷え込む夜は地面からの冷気がダイレクトに伝わるので、テント内にマットを敷いても寒くて眠れない、なんてことも。

そんな時大活躍するのが、地面と空間を作ることで冷気を遠ざけてくれるコットです。
最近では、クッション性があるタイプなども出ていて、自分に合うコットを選ぶことでより快適な就寝時間をすごせます。
また、コットと地面の間にブランケットなどを詰めると、より冷気をシャットアウトして暖かくなりますよ。

オールシーズン使える万能なコットは1つ持っておいて損はないアイテムです。

フェザーウエイトコンパクトコット〔ホールアース〕

フェザーウエイトコンパクトコット〔ホールアース〕

ホールアース/フェザーウエイトコンパクトコットは、組立が簡単な超軽量コットです。
その重量は約1.85kgと非常に持ち運びやすく、地面から高さがあるので、夏は涼しく冬は冷気を軽減してくれます。
キャンプでは寒さや暑さでイマイチ眠りが浅い、という方におすすめのコットです。
タナベスポーツでレンタルできますので、ぜひ一度お試しくださいね!

このアイテムを格安レンタル

寝袋: 3シーズン対応のものがおすすめ

5月キャンプで使用する寝袋は、3シーズン対応のものがおすすめです。

また、その時の気温によっては、日中暑いかな?と思っても、冬用でもちょうどいい位になることもあります。
夏用など薄い寝袋しかない場合には、服装で調整したり、もう1枚毛布などを合わせて使用することで寒さを軽減できますよ。

寝袋が合っていないと眠れない夜を過ごすことになりかねないので、しっかり対策をしてキャンプに出かけましょう。

バロウバッグ #3〔モンベル〕

バロウバッグ #3〔モンベル〕

モンベル/バロウバッグ #3は、包み込むような感触の3シーズン対応寝袋です。
モンベル独自の化繊綿を使用しているので濡れに強く、保温性が高いため寒さを感じずにぐっすりと眠ることができますよ。
また、伸縮性があるため寝袋の中でも動きやすく、ゆったり快適な寝心地を実現しています。
ぜひタナベスポーツのレンタルで、その快適な寝心地を手軽に体感してみてください

このアイテムを格安レンタル

2ルームテント:リビングルームを快適にする

テントとタープが一体化している2ルームテントは、5月の寒暖差にも対応する万能テントです。
リビングスペースとなる前室をオープンにすることでタープとなり、日中の日差しを防ぎながらも風を通して涼しく過ごせます。
また、反対にクローズにすれば、雨風や寒さから守ってくれて自宅のリビングのような快適空間に早変わり!
モデルによってはオールシーズン対応のモデルもあるので、2ルームテントは快適に過ごすための万能ギアといえますね。

タフスクリーン2ルームハウス〔コールマン〕

タフスクリーン2ルームハウス〔コールマン〕

タフスクリーン2ルームハウスは、4人家族におすすめなゆったりサイズの2ルームテントです。
メッシュ・オープン・クローズが選べるためどんな天候でも左右されず、寒暖差の激しい5月のキャンプでも、日中は涼しく朝晩は暖かく過ごせます。
スカートもついているので虫の侵入も防いでくれますよ。
テントの買替はハードルが高い、と思っている人はタナベスポーツのレンタルでお得にお試しするのもアリですよ!

このテントを格安レンタル

春キャンプにおすすめな服装3選!レディース編

おすすめな服装3選!レディース編

春キャンプで着るのにおすすめなアイテムをピックアップしてみました。
女性らしくおしゃれに着こなせるアウトドアファッションを要チェックです!

朝晩の冷え込みにマウンテンジャケット

5月のキャンプは、日中は暖かいのに夕方急に寒くなるので、気軽に羽織れるマウンテンジャケットがあると便利です。
防風性や防水性が高いものが多く、アウトドアにはもってこいのアイテムですよ。

コンパクトジャケット〔ザ・ノースフェイス〕

コンパクトジャケット〔ザ・ノースフェイス〕 (引用元:Amazon)

ザ・ノースフェイス/コンパクトジャケットは、悪天候にも対応可能な撥水加工を施した軽量シェルジャケットです。
風合いのよいコットンライクな生地でありながら風や雨水を通さない構造になっているので、急に冷え込むキャンプで大活躍してくれますよ。
コンパクトに収納可能なスタッフサック付属のため、着用しない時には気軽に持ち運びができてアウトドアにはぴったりのアウターです。

日中の温度調節にフリースベスト

ふわふわとした起毛が気持ちよく、高い保温性を兼ね備えたフリースベストは、幅広い季節に対応することができる万能アウターです。
肌寒い程度の5月頃にはアウターとして、また、冷え込む冬の季節はインナーとして、キャンプで大活躍してくれますよ。
シャツやパーカーと重ね着すると相性抜群で、おしゃれなコーディネートを楽しむことができる点も大きな魅力です。

シャギーボアベスト〔クリフメイヤー〕

シャギーボアベスト〔クリフメイヤー〕 (引用元:Amazon)

クリフメイヤー/シャギーボアベストは、ふわふわの肌ざわりが暖かく気持ちいいフリースベスト。
首元までたっぷりボアでしっかり防寒してくれるので、肌寒い5月キャンプにはもってこいのアイテムです。
ボアとコーデュロイ生地の切替えデザインに加えて、キルティングステッチやファスナー、パイピングにも差し色を加えており、おしゃれにアウトドアファッションを楽しめますよ。

おしゃれで動きやすいオーバーオールスカート

もともとは作業着として誕生したオーバーオールスカートは、何かと動き回ることの多いキャンプにはもってこいのアイテムです。
締め付けのないゆったりとした着心地はとても楽で、一度着たら手放せなくなることでしょう。
ポケット収納が豊富なので、ライターやグローブなどキャンプで使う小物をサッと出し入れすることができて便利ですよ。

オーバーオールスカート〔チャムス〕

オーバーオールスカート〔チャムス〕 (引用元:Amazon)

チャムス/オーバーオールスカートは、コーデュロイ素材を使用したおしゃれなオーバーオールスカートです。
裾にかけてふわっと広がるフレアのシルエットが女性らしく、CHUMSロゴマークの下に配したパッチや飾りのホール、ステッチワークなどこだわりのあるデザインになっています。
Tシャツはもちろん、スウェットやニットも着れるサイズ感なので、いろいろなコーディネートを楽しめますよ。

春キャンプのおすすめな服装3選!メンズ編

おすすめな服装3選!メンズ編

キャンプでは、男性の方が重いものを持ってくれたり火をおこしたりと、ハードワークになりがちですよね。
ここからは、男性向けに高い機能性とトレンドをおさえたアウトドアアイテムを紹介します。

寒さ対策だけじゃないマウンテンジャケット

マウンテンジャケットは、薄手でありながら風や雨水から体を守ってくれるアウターです。
ダウンジャケットほど分厚いアウターはいらない春キャンプの時期には大活躍してくれますよ。

ベンチャージャケット〔ザ・ノースフェイス〕

ベンチャージャケット〔ザ・ノースフェイス〕 (引用元:Amazon)

ザノースフェイス/ベンチャージャケットは、防水性と防風性に優れた軽量レインジャケットです。
センタージップは止水ジップになっているうえ、内側の縫い目にはシームレス加工という徹底した防水機能で、急に雨が降っても安心して過ごせます。
フードや裾の各所にはドローコードがついているので、風もしっかりシャットアウトしてくれますよ。
また、スタッフサック付属のため、着用しない時には収納して持ち運べてとても便利です。

キャンプを楽しむなら焚き火ジャケット

キャンプの醍醐味といえば焚き火ですが、お気に入りのウェアに火の粉が飛んで穴が開いてしまった、という悲しい経験をしたことはありませんか?
そんな人には、焚き火ジャケットがおすすめ!
焚き火ジャケットは、火の粉が飛んできても燃えにくい難燃素材を使用しているため、焚き火が好きな人にぴったりのジャケットです。

焚き火シャツジャケット〔DUCKNOT〕

焚き火シャツジャケット〔DUCKNOT〕 (引用元:Amazon)

DUCKNOT/焚き火シャツジャケットは、動きやすく、しなやかに体に馴染むストレッチツイルを使用した焚き火シャツジャケットです。
表面が綿素材のため火の粉に強く、安心して焚き火を楽しむことができますよ。
胸ポケットとサイドポケットもついていて収納力抜群なところも嬉しいポイントです。

機能性とトレンドをおさえたワークパンツ

ワークパンツは、その名の通り作業用に作られた頑丈なパンツです。
整備士や大工さんなどに幅広く愛用されているパンツですが、その作りからアウトドアにもぴったりのアイテムなんです。
収納ポケットや引っ掛け金具付属など、実用的な上デザイン性が高いものも多く、タウンユースでも履けるファッションアイテムとしても人気があるんですよ。

ワークパンツ〔コロンビア〕

ワークパンツ〔コロンビア〕 (引用元:Amazon)

コロンビア/ワークパンツは、タフで機能的なワークテイストに仕上げたキャンバス・デニムパンツ。
ハードワークにも負けない耐久性のある生地はもちろん、多彩なポケットやD管など、アウトドアに嬉しい機能をもつ万能アイテムです。
スタイリッシュなデザインのワイドテーパードシルエットで、アウトドアのみならずタウンユースでも大活躍してくれますよ。

準備と対策をして家族やグループで5月のキャンプを楽しもう!

準備と対策をして家族やグループで5月のキャンプを楽しもう!

今回は、1年の中でも絶好のシーズンである5月キャンプの服装や注意点などを解説しました。
寒暖差は激しいものの、服装や対応ギアでしっかり対策をすれば、春ならではの清々しい空気や新緑を思う存分楽しむことができます。

タナベスポーツのレンタルからも、テントをはじめ初心者でも気軽にキャンプを始められるキャンプセットをご用意しています!
ぜひお得なレンタルも活用して、快適な5月キャンプを始めてみてくださいね。

キャンプレンタルはこちら

新着記事

人気記事ランキング

ファミリーで楽しめるワンポールテント

ファミリーキャンプにおすすめ!ワンポールテントの魅力や注意点について解説

ファミリーキャンプにおすすめなワンポールテントは設営が簡単!そして開放感があり子供達も喜ぶ楽しいキャンプができるとこ…

コットンテントは雨の日も使える? 悪天候時の撤収方法やメンテナンス方法をご紹介

コットンテントは雨の日も使える?悪天候時の撤収方法やメンテナンス方法をご…

テント選びで重要視しているポイントは何ですか? 大きさ?機能性?デザイン?こだわりのポイントを持っている人も多いと思…

テントの耐水圧とは? おすすめテントも紹介。

テントの耐水圧とは?目安となる数値やおすすめテントを紹介!

キャンプで気になるのは「お天気」ですよね。1週間前から天気予報をチェックして、傘マークが出ているのを見てはヤキモキ。…

2人用テントの選び方は?おすすめサイズやレンタルできるテントもご紹介

2人用テントの選び方は?おすすめサイズやレンタルできるテントもご紹介【初…

今回は2人用テントの選び方を徹底解説します!2人用テントと言っても数多くあり、楽天やAmazonで「テント 2人用」…

ワンタッチテントのメリットデメリットを紹介

ワンタッチテントはデメリットが多い? 簡単に設置できる仕組みや他のテント…

ピクニックや夏のレジャーなどで活躍するワンタッチテント。 手軽に設営ができて持ち運びもコンパクトなので、あらゆるシー…

【キャンプ初心者必見】2ルームテントの選び方

2ルームテントのおすすめ5選!メリット・デメリットや選び方について解説

前室のリビングと寝室が分かれている2ルームテントは広々と快適に過ごせておすすめ! スノーピークやフィールドア、コール…