キャンプ道具キャンプ道具は何から揃える?初心者が安い&コスパで始めるためのキャンプギア解説【2024年最新】

キャンプ道具キャンプ道具は何から揃える?初心者が安い&コスパで始めるためのキャンプギア解説【2024年最新】

キャンプを始めたいけどテント以外で必要なものは?安く済ませたいけど最低限求められる性能は?
今回はキャンプ初心者の方でも簡単にわかる、キャンプ道具の揃え方・選び方を解説します。
簡単に始められるように安さとコスパを重視しました!

まずはテントを揃えよう

まずはテントを揃えよう

ソロキャンプ~2人用テント

ソロキャンプのテントの選び方としては「収納時がコンパクトなこと」「設営しやすいこと」が鉄則です。
中で快適に過ごしたいなら使用人数+1人を選ぶといいでしょう。
小さすぎると就寝時以外不便ですし大きいと設営に苦労するのでバランスが肝心です。

DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント

DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント amazon から引用

まずは圧倒的安さで初めてキャンプの楽しさを感じましょう!
AmazonやTEMUなどの中国系を除くと群を抜いて安いのがDODのエントリーモデルです!
DODは大阪の企業、カスタマーサポートもあり安心です。
ワンタッチテントは傘のようにテントを設営可能で一瞬でテントの準備が可能です(その分やや重いのがデメリットです)。

キャンプにハマった時と始めた時では欲しいテントや好みも結構違うものです。
コスパ最強価格でキャンプをスタートしてハマった時に改めて高額テントの購入を吟味するのが個人的にはおススメです。
ちなみにこのテント、シェルター(インナーテントの無い大型テントのこと)のインナーテントとして使用する熟練者もおり、経験を積んでギアが充実しても活躍するところも推せるんですよね。

参考価格12,270円

最大収容人数2人

ポイント安くて設営簡単!若干重たく手入れが大変なので雨には注意。

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム LX

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム LX amazon から引用

超有名ブランド、コールマンのテントはやはりコスパ最強。

ツーリングキャンプにも使えるほどコンパクトで設営簡単な割に広いのが特徴です。
コールマンというきちんとしたメーカー品なのも安心です。
ベンチレーションもあり夏場も快適。
「持ち運びも設営も簡単で、機能的なドームテント」というのはかなりありがたいんです(笑)

また、タナベスポーツなら道具一式とセットでレンタルして試せますよ!

参考価格24,970円

最大収容人数3人用

ポイント持ち運びしやすいサイズで設営簡単!ソロキャンパーに愛される定番テント。

ファミリーテント

ファミリーテントも設営しやすさ、人数+1人の法則が重要です。
設営が複雑なテントは時間がかかりますし、2人がかりだとお子様から目を離してしまう危険性もあります。
広々使いたい方は、天井が高いor側面の傾斜が強くないドームテントタイプがおすすめです。

DOD(ディーオーディー) ワンポールテントM 5人用

DOD(ディーオーディー) ワンポールテントM 5人用 amazon から引用

こちらもDODの激安テント。

ワンポールのティピー型なので風に弱い、端は狭いというデメリットはありますが、設営しやすく軽量でオシャレです!
このサイズと機能でこの価格はキャンプデビューには本当におすすめです!
こちらは端に行くほど低くなるワンポール型ですが、大人2人+お子様1~2人ならばっちり広々過ごせます。

参考価格20,440円

最大収容人数5人

ポイント安くて設営簡単でこの広さ!雨風の強い日や設営が難しい地形での設置は避けましょう。

コールマン(Coleman) テント タフスクリーン2ルームハウス MDX 4人用

タフスクリーン2ルームハウス amazon から引用

ここ数年一番売れてるファミリーテントとして1位を独占してるコールマンの2ルームテント。

設営は2人がかりで行うのがおすすめですが、2部屋あって広いので雨の日や日差しが強い日もゆったり過ごせます。
前室はメッシュ窓&フル解放も可能なので暑い日も快適。

タナベスポーツなら道具一式フルセットで試せるので気になる人は是非お試しください!

参考価格55,000円

最大収容人数5人

ポイント安くて設営簡単でこの広さ!雨風の強い日や設営が難しい地形での設置は避けましょう。

初心者が最初に必要なキャンプギア

初心者が最初に必要なキャンプギア

シュラフ(寝袋)とマット

夏以外はシュラフは必須です。
またマットがあればどんな地面でも快適です。
寒いところや登山などで荷物が制限される環境では寝袋に性能が求められるけど、夜中に10℃を下回らない季節なら手頃な寝袋とカイロと毛布で乗り切れます。

コールマン(Coleman) パフォーマーIII C15

コールマン(Coleman) パフォーマーIII C15

気温15℃以上の環境なら快適に使える3シーズン寝袋。
コンパクトで高性能で何より安い!一旦はこれでOKでしょう。

参考価格3,850円

シーズン夏、春秋の寒くない日

ポイントコスパ抜群でコンパクト!初心者から経験者まで幅広く愛されています。

コールマンのパフォーマーIII C15を格安レンタル

BUNDOK(バンドック) フォールディングマット

BUNDOK(バンドック) フォールディングマット amazon から引用

ツーリングキャンプにも便利なギアを展開するバンドックのマット。
エアマット系は安いものだと不良が多いケースもあるのでこういったタイプがおすすめ。

参考価格3,300円

ポイントコンパクトでしっかりマットとして機能します。

ランタン

夜のキャンプ場は基本的には本当に暗いです。
星空が見えて綺麗ですが、トイレに行くのも晩酌を片付けるのもテントで過ごすのも灯りが無いと結構難しく、ランタンはなるべくあるといいでしょう。

Lepro LEDランタン USB充電式

Lepro LEDランタン USB充電式 amazon から引用

ランタンはある程度大きく明るいものを選ぶと安心です。

雰囲気バツグンのオイルランタンなども勧めたいですが、まずはしっかり明るさがあって、USB充電可能&逆にUSBケーブルを指してスマホを充電できるこちらのランタンがおすすめです。

参考価格3,099円

ポイントUSB充電可能で明るさ抜群。

チェア

キャンプチェアは座り心地とコンパクトさのバランスが重要です。
焚き火を楽しむならやや低め、通常の高さのテーブルと併せて食事・団欒をするなら高めといった風に高さを選ぶといいでしょう。

Moon Lence アウトドアチェア

Moon Lence アウトドアチェア amazon から引用

こちらは持ち運びしやすさを重視したキャンプチェアになります。
重量なんと0.9kg、他のチェアに比べてかなり軽いです。
一部メッシュ切り替えなのは暑い日も快適でうれしいですね。

オシャレで手軽にキャンプ・焚き火を楽しんじゃいましょう。

参考価格2,999円

タイプローチェア

ポイント軽くてコンパクトながら座り心地快適。

コールマン(Coleman) リゾートチェア

コールマン(Coleman) リゾートチェア amazon から引用

コールマンの人気折り畳みチェア。
どっしり座れて高さのあるテーブルにも対応できるサイズで何より圧倒的に安いのがポイント。

少し重いですが、見た目もアウトドア感があって全体のレイアウトがおしゃれに決まります。

参考価格3,300円

タイプハイチェア

ポイントおしゃれで座り心地抜群。3kg強と少し重量あり

余裕があれば正直欲しいキャンプギア

余裕があれば正直欲しいキャンプギア

グランドシート

テントを傷や汚れから守る+地面からの湿気を遮断してテント内を過ごしやすい空間にします。
テントのサイズに合わせて買いましょう。

ガスバーナー

岩谷 カセットガスジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

岩谷 カセットガスジュニアコンパクトバーナー CB-JCB amazon から引用

料理や湯沸かしに使うガスバーナーはあると便利。
若干値は張りますがキャンプだけでなく登山や防災にも活躍するのでやはり持っていて欲しいギアです。
メーカーは安心と信頼の岩谷かSOTOの2台巨頭ですがここでは少しお安めの岩谷を紹介させていただきます。

参考価格4,980円

ポイントコンパクトで簡単に使えるシングルバーナー。アクセサリで拡張可能。

岩谷はアクセサリも豊富

岩谷はアクセサリも豊富 amazon から引用

岩谷は品質も保証されてますしアクセサリの遮熱板を購入しても他メーカー品と同じ価格で収まるのもいいところですね。

参考価格1,580円

ポイントコンパクトで簡単に使えるシングルバーナー。アクセサリで拡張可能。

テーブル

Moon Lence キャンプテーブル 3階段高さ調整可

Moon Lence キャンプテーブル 3階段高さ調整可 amazon から引用

ソロキャンプ~2人用テーブルは携帯性だけでなく高さも鍵!
こちらのテーブルなら椅子に合わせた高さにも、お座敷スタイルに合った高さにも調整可能です。

参考価格3,999円

仕様組立サイズ(約):長さ50*幅45.6*高さ43/46/49cm 収納サイズ(約): 長さ52*幅13*高さ15cm 重さ(約):1.7kg 耐荷重:50kg

ポイント軽量でコンパクト、高さ調節可能。

‎キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テーブルUC-516

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テーブルUC-516 amazon から引用

とにかく安くてファミリーサイズのキャンプテーブルが欲しいならキャプテンスタッグから探すのもおすすめです。
こちらはそれなりに広くて高さ調節も可能。重過ぎない重量も評判です。

キャンプギアはそもそも「軽量・コンパクトな収納・確かな機能性と耐久性」という条件を満たすように設計されているものが多く、この条件を満たしながら手ごろな価格でファミリー向けの大きいテーブルというのはなかなか難しいです。
そうした中キャプテンスタッグは助かる存在なんです。

参考価格12,650円

サイズ幅120cm×奥行60cm×高さ37/60cm

ポイントそれなりの面積があってコスパ抜群。折り畳み可能。

クッカーなどの調理器具

ジージーエヌ(G.G.N.) クッカーセット

ジージーエヌ(G.G.N.) クッカーセット amazon から引用

キャンプはBBQだけじゃなくて料理も楽しいんですよね。

こういう軽量でコンパクトにまとめられるクッカーセットとまな板、包丁(ナイフ)があるだけで料理の幅は広がります。
ダイソーなどでもこうしたアイテムは展開されているのでさらに安く済ませたい方はそちらもおすすめ。

2回目以降も行きたくなったら揃えたいキャンプギア

2回目以降も行きたくなったら揃えたいキャンプギア

焚き火台兼BBQコンロ

DABADA(ダバダ)ヘキサステンレスBBQコンロ

DABADA(ダバダ)ヘキサステンレスBBQコンロ amazon から引用

焚き火台にもBBQコンロにも使えて焚き火映えするデザインのコンロでキャンプの醍醐味を楽しんじゃいましょう。
コンパクトにたためますし大きいダッチオーブンも入れられるので熟練キャンパーで愛用される方もいます。

参考価格3,998円

ポイント焚き火台とBBQコンロの2WAY

タープ

タープとはポールとシートで屋根を作って日差しや雨を防ぐための道具です。
運動会の簡易テントのようなものもありますが、基本的にはシンプルなポールとシートをロープで張るようにして設置します。

タープがあればテント自体は小さくても、タープ下をリビングスペースにすることができるのでかなり広々過ごすことができますよ!

アイリスオーヤマ ヘキサタープ

アイリスオーヤマ ヘキサタープ amazon から引用

どんなテントにもマッチして、おしゃれで機能的なタープがアイリスオーヤマから超良心的な価格で登場!
4.4m四方なので大人数にはおすすめできませんが、2~4人でコンパクトにテーブルやギアを収めるならかなり良いです。

参考価格6,980円

サイズ使用時:幅約440cm×奥行約440cm×高さ約231cm

ポイントおしゃれで機能的でコスパ抜群

まずは安い&コスパ最強のテントとギアでキャンプを始めよう

まずは安い&コスパ最強のテントとギアでキャンプを始めよう

いかがでしたでしょうか?
手頃な価格で買えるアイテムで、キャンプギア一覧を紹介してみました。
それぞれはそれなりに安くても、やっぱり一式そろえるとなかなかの価格にはなりますよね。

ですが一度揃えてしまえば何度も楽しめるのがキャンプの良いところですので是非揃えてチャレンジしてください!

タナベスポーツならテントもキャンプ道具も一式格安レンタル

キャンプに何度も行くかわからない、道具を置く場所がないという方はキャンプ道具の一式レンタルもおすすめです。

タナベスポーツでは購入するには手を出しにくいような人気のテントを格安でレンタル可能。
寝袋・チェア・テーブル・ランタンなども一式レンタル可能です。
まずはレンタルで始められる方も多いのでこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

タナベスポーツでキャンプ用品を格安レンタル!

新着記事

人気記事ランキング

ファミリーで楽しめるワンポールテント

ファミリーキャンプにおすすめ!ワンポールテントの魅力や注意点について解説

ファミリーキャンプにおすすめなワンポールテントは設営が簡単!そして開放感があり子供達も喜ぶ楽しいキャンプができるとこ…

コットンテントは雨の日も使える? 悪天候時の撤収方法やメンテナンス方法をご紹介

コットンテントは雨の日も使える?悪天候時の撤収方法やメンテナンス方法をご…

テント選びで重要視しているポイントは何ですか? 大きさ?機能性?デザイン?こだわりのポイントを持っている人も多いと思…

ワンタッチテントのメリットデメリットを紹介

ワンタッチテントはデメリットが多い? 簡単に設置できる仕組みや他のテント…

ピクニックや夏のレジャーなどで活躍するワンタッチテント。 手軽に設営ができて持ち運びもコンパクトなので、あらゆるシー…

2人用テントの選び方は?おすすめサイズやレンタルできるテントもご紹介

2人用テントの選び方は?おすすめサイズやレンタルできるテントもご紹介【初…

今回は2人用テントの選び方を徹底解説します!2人用テントと言っても数多くあり、楽天やAmazonで「テント 2人用」…

【キャンプ初心者必見】2ルームテントの選び方

2ルームテントのおすすめ5選!メリット・デメリットや選び方について解説

前室のリビングと寝室が分かれている2ルームテントは広々と快適に過ごせておすすめ! スノーピークやフィールドア、コール…

雪中キャンプのすゝめ

雪中キャンプを楽しもう!テントの選び方・設営のポイントを解説

冬の時期だからこそ楽しめる雪中キャンプは、澄んだ空気と静かな景色で自然を楽しめる他、冬のアクティビティもできるから魅…

スキー用品はこちら