必須から便利アイテムまで! 初心者におすすめのキャンプギアを徹底紹介

必須から便利アイテムまで! 初心者におすすめのキャンプギアを徹底紹介

キャンプに最適な季節がやってきましたね!梅雨入りまでの乾燥したこの時期は、秋と並んでキャンプのベストシーズンといえます。 これからキャンプを始めようと思っている人には、どんなアイテムを揃えればいいのかわからない人も多いと思います。 これはマストで必要なもの、あったらいいな的なものなど、今回はキャンプ初心者のあなたにおすすめのきゃんぷギアを紹介しましょう! 。

【必須アイテム】おすすめキャンプギア

【必須アイテム】おすすめキャンプギア まずは必ず揃えておきたいキャンプギアを紹介します。 キャンプの楽しみはギアを選ぶところから始まっています。自分の描くキャンプを想像するだけでワクワクしますよね! 実際にギアを手にして、少しずつギアが揃っていくのはなんとも言い難い充足感があります。

■テント キャンプの拠点になるのがテントです。 大きく分けると、ファミリー向けのものとソロや少人数のものがあります。 ■マット 寝袋の下に敷くマットも必要ですね。 地面のごつごつをやわらげる効果もありますが、春でも夜は意外に冷えますので、地面と寝袋の冷気を遮断する効果があります。 ■シュラフ テント内でしっかり睡るためにもシェラフ:寝袋が必要です。 ■照明 キャンプ地の夜間は思ったより暗いことがあります。 安全にキャンプするためにもしっかり照らしてくれる照明は不可欠! ■テーブル 調理をしたり食事をしたりするのに欠かせないのがテーブルです。 ちょっとした小物置きとしても活用できます。 ■チェア 案外適当に選びがちなのがチェアです。 でも、キャンプ地でゆったり快適に過ごすためには、チェア選びは実はとても大切です。 ■クーラーボックス キャンプの大きな楽しみのひとつは食事ですね。 食材を冷やしたりドリンクを冷やすためにクーラーボックスは必需品です。ボックスの上に小物を置いたりするのにも便利です。 ■コンロ 調理するには「火」が必要ですね。 焚き火やカセットコンロ、ガスバーナーなどがありますが、初心者はまずは使いやすいバーナータイプがオススメです。 ■調理器具 キャンプでの調理の基本である煮る(ゆでる)、焼く、炒めるのに使える最低限のセットを持っていきましょう。

【必須アイテム】具体的なおすすめギアを紹介!

【必須アイテム】具体的なおすすめギアを紹介! 初心者でも簡単に設営できたり、使い勝手の良いものを挙げますので参考にしてみてください!

【テント(ファミリー)】snow peak(スノーピーク):テント アメニティドーム M

テント(ファミリー)】snow peak(スノーピーク):テント アメニティドーム M 5人まで使えるスノーピークのファミリー向けテントのベストセラーモデルです。 ・高さが低く風にも強い ・1,800mmの耐水圧で強雨にも不安なし ・テント内をしっかり換気するベンチレーション ・ポールの色分けや自立する3本のメインポールで設営が簡単 このテントを格安レンタル

【テント(ソロ~少人数)】Coleman(コールマン):ツーリングドームST

Coleman(コールマン):ツーリングドームST ソロキャンプやバイクキャンプ向けのコールマンの定番小型テントです。 ・コンパクトで持ち運びに便利。設営や撤収も簡単 ・通気性に優れたメッシュがテント前後にあるため、夏場でも蒸れにくく快適 ・前室があるので空間が広く、物置きとしても活用できます ・ポールに差し込む金具が付いていて、一人でも簡単に設営可能 このテントを格安レンタル

【マット】mont-bell(モンベル):キャンプマット フォームパッド 180

キャンプマット フォームパッド 180 シュラフの下に敷くマットです。地面のごつごつ感を低減してくれるだけでなく、地面からの冷気(夏場なら熱気を)を取り除いてくれます。 ・383グラムと超軽量。折り畳み式でコンパクトで持ち運びラクラク ・マット全面の凸凹のパターンが荷重を分散し、快適な睡眠をアシスト。 地面からの冷気(熱気)も大幅に低減。 ・全長約180cmと、大人でもゆったり休める大き目のサイズ このアイテムを格安レンタル

【シェラフ】Coleman(コールマン):シュラフ パフォーマー3/C15

シュラフ パフォーマー3/C15 信頼のおけるコールマンおすすめの封筒型シュラフ。快適温度は15度以上で、春・夏・秋向けのシュラフです ・薄手ですが保温性に優れており、夏の高地キャンプや寒がりの方にオススメ ・封筒型のため、ファスナーを開ければ敷物や掛物としても使用可 ・封筒型のため、圧迫感なくゆったり休めます ・洗濯機で洗えるのでメンテも簡単 このアイテムを格安レンタル

【照明】GENTOS(ジェントス):ランタン Explorer EX-V777D

シュラフ パフォーマー3/C15 高性能で防災にも適していて、人気絶大なのがジェントスのランタンです。種類も大変豊富ですが、オススメはコレ。暖色系のLEDランランです。 ・高い持続性で、最も明るいモードでも27時間使用可能。連泊キャンプでも安心 ・明るすぎず(360ルーメン)目に優しくて、目が疲れません。 明るさは2段階に調光できます ・吊り下げフックがついていて、テント内に吊るして使うことができます このアイテムを格安レンタル

【テーブル】Coleman(コールマン):テーブル ナチュラルウッドロールテーブル 4~6人用

テーブル ナチュラルウッドロールテーブル 4~6人用 天然木でナチュラル感があり、どんなキャンプシーンにも似合うコールマンのテーブルです。 ・折り畳み式でかさばらず、4~6人でも余裕で使えるサイズ感 ・テーブルの高さが40cmと70cmと切り替えられて便利 70cmにすれば大変調理がしやすくオススメ ・設営はいたって簡単。アルミ上の脚を開いて天板を載せるだけ。撤収もラクラクです このアイテム格安レンタル

【チェア】snow peak(スノーピーク):チェア FDチェアワイド RD

チェア FDチェアワイド RD スノーピークの定番中の定番のオススメチェアです。数あるチェアの中でも、このチェアを選んでおけば間違いないといえます。 ・座面が絶妙な高さのため、立ちあがり&座りがとても楽にできます ・横幅がワイド設計されていおり、ゆったりくつろげます ・強度のあるアルミフレームを採用。頑丈で安定感ある座り心地です ・持ち運びしやすい折り畳みスタイル このアイテムを格安レンタル

【クーラーボックス】LOGOS(ロゴス):ハイパー氷点下クーラーXL

ハイパー氷点下クーラーXL ソフトタイプにも関わらずハードクーラーに劣らない保冷能力のあるクーラーボックスです。ロゴスならではのシャルプロテクト構造により、外からの衝撃からも守ります。 ・2ℓのペットボトルが9本も入る余裕の大容量 ・「氷点下クーラー」の名の通り、保冷能力バツグン。氷点下パックを使えばアイスクリームや冷凍食品も保存可能です ・折りたたむことができるため移動時はとてもコンパクトになります このアイテムを格安レンタル

【コンロ】Coleman(コールマン):ユニフレームキャンプコンロ ツインバーナー

ユニフレームキャンプコンロ ツインバーナー 火起こしの必要がなく、コンロが2口あって使いやすさとタフさから絶大な人気のあるコールマンのユニフレームツインバーナーです ・二つのコンロを併用できるため、調理の幅が広がるでけでなく時間の削減にもなります ・家庭でも馴染みのあるガス缶を使うため、安心で簡単に使えます ・着火ボタンがあり、ライターなしで簡単に火が付きます ・重さ3.9キロと、ツインバーナーでは大変軽く持ち運びに便利です このアイテムを格安レンタル

【調理器具】snow peak(スノーピーク):トレック

snow peak(スノーピーク):トレック (引用元:Amazon) スノーピークの定番クッカーです。シンプルで使い勝手が良く、キャンプや登山で長く愛用されているクッカーです。 ・深型で容量が充分な1400mlあるので使い勝手が良い ・蓋はミニフライパンとして活用 ・初心者でも使いやすいアルミ素材 ・内側はアルマイト加工されており耐久性もバツグン

【便利アイテム】おすすめキャンプギア

【便利アイテム】おすすめキャンプギア ではここからは、キャンプにあると便利なおすすめギアを紹介していきましょう!

■タープ 日よけや雨よけ、荷物置き場やくつろぎスペースなど、あるとキャンプの快適度や楽しみが格段に広がるタープ。是非持っていきたいギアのひとつです。 ■焚き火台 バーナーで火を使うのはとても便利ですが、焚き火を使うとキャンプの雰囲気は一気に深みを増します。 暖を取ったり料理をするのはもちろんですが、陽が落ちてから焚き火があるの雰囲気は格別です。 ■バーナー ソロキャンプやバイクキャンプなど、荷物を極力減らしたいキャンパーにおすすめなのがCB缶(ガス缶)を使う小型バーナー。簡単に火を起こせてとても便利です。 ■アウトドアワゴン 車からキャンプ場までのギアを運ぶのに重宝なのがワゴンです。 細かいものもまとめて積んで運べるため、何度も往復しなくても済んで便利なギアです。 ■収納ボックス キャンプで案外やりがちなのが「あのギアどこにしまったっけ」。探すのに時間がかかってもったいないですね。 また、外に置き忘れて突然の雨に濡れてしまったり、夜中に置いたままにして朝露に湿ってしまったり。。 そんなことがないよう、名脇役として活躍するのが収納ボックスです。

【便利アイテム】具体的なおすすめギアを紹介!

【便利アイテム】具体的なおすすめギアを紹介! 初心者でも簡単に設営できたり、使い勝手の良いものを挙げますので参考にしてみてください!

【タープ】snow peak(スノーピーク): アメニティタープヘキサLセット

 アメニティタープヘキサLセット スノーピークの定番、4~6人用のヘキサ(六角形)タープです。スノーピークのテントと合わせやすい人気のタープです。 ・大型で日陰スペースをしっかり作れるため夏でも快適にすごせます ・頑丈な作りで強風でも安心。耐水圧も1800mmあり急な大雨でも万全です。 ・人気のスノーピークテントとの相性が良いので、アメニティドームS,M,Lテントを使う人には是非おすすめ このアイテムを格安レンタル

【焚き火台】Coleman(コールマン):ファイヤーディスク

ファイヤーディスク 初心者でも簡単に使えるよう作られたオールインワンモデル。これひとつあれば簡単に焚き火が楽しめます。 ・抜群の通気性で誰でも簡単に使えます ・オールインワンモデルのため設営も撤収も超簡単。設営は3秒で可能! 収納時は厚さ10cmになりコンパクトにしまえます ・網付きでBBQにも使えます ・オールステンレス製で灰の処理など手入れも簡単 このアイテムを格安レンタル

【バーナー】SOTO(ソト) : レギュレーター ストーブST-310

レギュレーター ストーブST-310 (引用元:Amazon) 日本製の小型バーナーで、常に安定した火力で安心して使うことができます。大変ちいさくまとまるため、ソロキャンプやバイクキャンプにおすすめです。 ・レギュレーター付きで常に安定した火力をキープ。外気が冷え込んでも火力が衰えることもありません ・小型なので持ち運びに超便利 ・家庭のカセットコンロでも使うガス缶(CB缶)なので使いやすい

【アウトドアワゴン】Coleman(コールマン):キャリーカート アウトドアワゴン

キャリーカート アウトドアワゴン (引用元:Amazon) 見た目にもおしゃれなコールマンのアウトドアワゴン。荷物の運搬に大活躍で、あると大変便利なアイテムです。 ・大型でスクエアな形状で効率よく荷物を積むことが可能 ・タイヤはストッパー機能が付いていて安心 ・両サイドにDリングがついていて、荷物を固定できます ・耐荷重は約100㎏!頑丈で多くの荷物を積めます ☆おまけ:小さなお子さんを乗せると大喜び間違いなし!

【収納ボックス】Coleman(コールマン):ラギットマルチコンテナLL

ラギットマルチコンテナLL (引用元:Amazon) ソフトタイプでもとても頑丈で便利なコンテナ。運搬に便利なだけでなく、散らかってしまう小物ギアを整頓してしまっておくのにも重宝されるギアです ・丈夫なポリエステル素材で汚れを落とすのも簡単 ・小物を整理するのに便利なディバイダーつき(Sサイズ以外) ・大きさや形が不均一なキャンプギアも詰めやすいソフトタイプ

まずはレンタルからはじめてみよう!

いかがでしたか? 大きく分けると、テントや寝袋やタープなど、快適に過ごすために必要なモノと、 焚き火や調理器具など食事に必要なモノがありましたね。 どれもキャンプには必要なアイテムですが、全てを一気に揃えるのはお財布的にもちょっと心配かな。。と思う人には絶対レンタルがオススメです。 タナベスポーツレンタルは、一式がセットになったものもあったり、人気で品切れが続くものでも借りることができたり、メンテ不要、保管不要などメリットがたくさん! 迷ったらまずはタナベスポーツのレンタルグッズからスタートするのをオススメします。 自分好みに合うギアを探しつつ、ベストシーズンのキャンプを楽しみましょう! キャンプレンタルはこちら

新着記事

人気記事ランキング

ファミリーで楽しめるワンポールテント

ファミリーキャンプにおすすめ!ワンポールテントの魅力や注意点について解説

ファミリーキャンプにおすすめなワンポールテントは設営が簡単!そして開放感があり子供達も喜ぶ楽しいキャンプができるとこ…

コットンテントは雨の日も使える? 悪天候時の撤収方法やメンテナンス方法をご紹介

コットンテントは雨の日も使える?悪天候時の撤収方法やメンテナンス方法をご…

テント選びで重要視しているポイントは何ですか? 大きさ?機能性?デザイン?こだわりのポイントを持っている人も多いと思…

テントの耐水圧とは? おすすめテントも紹介。

テントの耐水圧とは?目安となる数値やおすすめテントを紹介!

キャンプで気になるのは「お天気」ですよね。1週間前から天気予報をチェックして、傘マークが出ているのを見てはヤキモキ。…

2人用テントの選び方は?おすすめサイズやレンタルできるテントもご紹介

2人用テントの選び方は?おすすめサイズやレンタルできるテントもご紹介【初…

今回は2人用テントの選び方を徹底解説します!2人用テントと言っても数多くあり、楽天やAmazonで「テント 2人用」…

ワンタッチテントのメリットデメリットを紹介

ワンタッチテントはデメリットが多い? 簡単に設置できる仕組みや他のテント…

ピクニックや夏のレジャーなどで活躍するワンタッチテント。 手軽に設営ができて持ち運びもコンパクトなので、あらゆるシー…

【キャンプ初心者必見】2ルームテントの選び方

2ルームテントのおすすめ5選!メリット・デメリットや選び方について解説

前室のリビングと寝室が分かれている2ルームテントは広々と快適に過ごせておすすめ! スノーピークやフィールドア、コール…