夏キャンプの服装ガイド2024-25レディース編

女子必見!夏キャンプの服装の考え方とおすすめブランド紹介!【7月~9月のキャンプファッション】

キャンプも"自分らしくアウトドアらしいおしゃれな服装をすればOK "と思っている方は注意!
自分のテイストに合わせておしゃれだけを選んだ服装だとキャンプに適さず不快な思いをするかもしれません。

どんな季節でもキャンプに対応した服を選ぶのがおすすめ。おしゃれもしっかりできるアウトドアブランドをチョイスしましょう。

今回は夏にぴったりなおすすめブランドから、服選びのポイントも合わせて紹介していきます。

おしゃれを楽しむ女子のキャンプコーデポイント

キャンプをするなら思いっきり楽しみたい!だからこそ快適に過ごすためのコーデポイントを紹介。

動きやすさ

おしゃれをするにも動きやすさは重要ポイント。
ストレッチ性やゆとりのある服はもちろん、シルエットによっても動きやすさにかなりの違いが。

ポイントとしてはメンズライクなファッションならゆとりがあってコーディネートがしやすく、さらにミリタリー系なども自然の中に溶け込めておすすめ!
また、Tシャツワンピやオーバーオールなどの一枚コーデも動きやすく簡単なおしゃれコーデアイテムです。



小物にこだわる


キャップやサコッシュ、ベストなどの小物でおしゃれを楽しむキャンパーが増えていますが、アウトドア系なら服とのカラーを統一させるのがお決まりコーデです。
アウトドアブランドからは発色のある色の小物も多く、アースカラーの服に対してポイントコーデになり服に合わせやすいアイテムとしておすすめです。


紫外線対策・虫対策できる羽織りを用意

暖かい季節はUVカットできる涼しい羽織りが必須なのはもちろん、最近では防蚊加工を施されたアウトドアウェアも出ています。
クリフメイヤーなどで手頃な価格でオシャレなデザインのものが手に入るので蚊に刺されやすい人にはおすすめです。


夏に注意したいアウトドアの服装選び

キャンプの第一条件は安全に楽しむこと!服装選びに注意するのも安全対策の一つです。


自然から肌を守る

夏キャンプの服装は露出が多くなりがち。
そこで注意したいのが蚊の多さや草木での怪我、焚き火の火傷などさまざま。

トップスはTシャツでもOKですが脚は不注意になりがちなのでロング丈のボトムスがベターです。
大きすぎる服も作業の邪魔になったり裾を踏んで転倒する恐れもあるので、アウトドアだからこそ作業する事を考えた服装選びをしましょう。

涼しさに特化したコロンビアのアームカバーを日中だけ着用するのもおススメです。

焚き火をするなら

夏でも焚き火はキャンプの醍醐味!きっと昼でも夜でもやりたくなるはず。
しかし、肌の露出が多い状態での焚き火はちょっと危険かもしれません。

火の粉による火傷なども考慮して、焚き火をする際はなるべくロング丈の服を着ましょう。
また、レーヨンや綿は着火しやすく、ポリエステルやナイロンは熱で溶けやすいので注意です。ウールや難燃性の機能性素材をチョイスすると安心です。



スノーピークのTAKIBIシリーズは難燃素材でオシャレなデザインも多く楽しいです。

朝晩の冷え

自然の中は夏でも朝晩の冷えが必ずやってきます。だからこそ重ね着を考えたコーディネートがおすすめです。
体温調整は服装ですることで体調管理にもなるので、アウターやインナーは夏に適したものを選びましょう。特に保温性と撥水性のあるものをチョイスすると便利です。



素材に注目

キャンプで楽しむためにも汗や水遊びで濡れてもOKな速乾性の素材を使った服選びは重要です。

注意したいのが、コットン100%は汗を吸い取ってくれますが乾きにくさがあるため体を冷やしてしまうので、状況に合わせた使い分けをしましょう。

また、麻の素材は涼しくて良いのですが、生地の目が大きいため虫に刺されやすいデメリットもありので要注意!



夏キャンプで寝る時は何を着る?

夏場でも自然の中での就寝時は寒くなることがあります。基本は長袖&長ズボンがおすすめですが、標高の高い場所だともっと寒くなる可能性があるのでスウェットやフリースも用意しましょう。

また、シュラフの中で暑くなり汗をかくこともあります。通気性や透湿性の素材、速乾性の良いリネン素材もおすすめです。動きやすさやトイレの行きやすさも考えて、ゆとりのあるものやストレッチ性のあるものなどをチョイスしましょう。



夏に最強なキャンプファッションのアイテム

夏のキャンプに必須なファッションアイテムを押さえて、おしゃれを楽しむヒントを紹介します。


機能性素材でもおしゃれな服

夏に嬉しい機能はといったら通気性!

機能性素材のアウトドアの服と聞くと単色でつまらないイメージをする方もいるかもしれません。しかし、デザイン性や配色などは自然に溶け込めるような配色でコーディネートがしやすくなっているんですよ。

通気性や速乾性におすすめのブランドといえば、オムニフリーズゼロを開発した「コロンビア」
夏場にぴったりな冷却効果のある生地でTシャツなど様々な商品があります。
おすすめはオムニフリーズゼロのスカート。汗に反応して温度を下げる機能性素材で、更にスナップボタンひとつでスカートorパンツルックの2Way仕様なのも嬉しいポイントです。



UVカットはマストアイテム

夏場に絶対に欲しいアイテムは紫外線予防できるもの!
UV系のサングラス、帽子や羽織などは必需品です。

UVケア商品はキャンプ用品の中でもコスパよく押さえたい部分だと思いますが、おすすめはユニクロ商品。 コーディネートしやすい色使いとデザインでお値段もお手頃。UVアイテムはユニクロで揃えられます。




コスパの良い小物でキャンプを快適に

靴や帽子、インナーなど、夏に最適な小物もコスパよく揃えたい部分ですよね。しかし、機能性もデザインも両方を押さえたいところ。

そこで、サイズ展開も幅広いワークマン女子ならちょっとした機能性の小物もコスパよく上手にアウトドアコーデに取り入れられます。撥水性や防水性の靴や帽子、インナーも低価格だから気軽に使えておすすめです。



女子キャンパーに人気のおすすめブランド【夏対策編】

おしゃれにアウトドアの服を揃えたいなら、まずはトレンドのブランドコーデで本気キャンプを楽しみましょう。


夏用サロペット


ワークマンのデザインサロペット

新作デザインのサロペットで大人気!配色の展開もさまざまなので、自分のスタイルも見つけやすいのがポイントです。ポケットもたくさん付いてますが、なんといってもペットボトルが入るポケットは注目です。


ノースフェイスのサロペット

肌への刺激が少なくサラサラな着心地、虫除け効果など夏にぴったりなサロペット。衣服の内側に熱がこもりにくくストレッチ性もあるので動きやすさも兼ね揃ています。

(引用元:Amazon)



UV対策


ユニクロのエアリズムUVカットメッシュパーカ

コスパよくUV対策するならユニクロ決まりです!エアリズムのアウターだから涼しく夏の紫外線予防ができ、さらに袖は手の甲までしっかり隠れる優れたデザイン性も兼ね揃えています。


コロンビアのショートスリーブ

コーディネートが面倒だけどおしゃれをしたいなら一枚コーデがおすすめです。コロンビアは機能性の服が多いのが嬉しいところですが、オムニシェイドを使ったこの生地はサンプロテクション効果があり紫外線対策にぴったりです。

(引用元:Amazon)



夏Tシャツ

ワークマンの冷感メッシュTシャツ

着心地と動きやすさ、さらに速乾性のあるTシャツはキャンプで一枚は用意しておきたいですよね。ワークマンのTシャツは内側のメッシュ部分に冷感加工が施されているので夏にぴったり。コスパも良いので、色違いでいくつか用意しておくのもおすすめです。


コロンビアのショートスリーブTシャツ

暑さにも対応してくれるオムニウィックの機能性Tシャツです。吸湿速乾だから汗や水で濡れてもすぐにサラッとした着心地に。ユニセックスだからサイズ展開も幅広く、ぴったりでもオーバーサイズでも選べるからおしゃれしたい方にも嬉しいポイント。

(引用元:コロンビア)



L.L.Beanのエブリデイ・サンスマートTシャツ

透湿性、速乾性、伸縮性、UVを網羅しているTシャツです。軽量だから収納すると小さくまとまるので、着替えに持って行くのにぴったりです。また、ブルーサイン認証の環境にやさしい素材を使用したL.L.Beanならではの配慮!

(引用元:Amazon)



焚き火対策

ノースフェイスのファイヤーフライベイカーパンツ

自己消化、繊維の溶解防止のある特殊繊維を使用したパンツです。火傷のリスクをしっかりとカバーしてくれるから、焚き火の火の粉の心配はいりません!アースカラーで展開されているので、コーデにも困りません。

(引用元:Amazon)



チャムスのフレイムリターダントパンツ

溶接作業用服にも使われている難燃加工をされたパンツです。ゆとりのあるワイドパンツで、夏サラッとした生地だから夏でも履き心地も動きやすさも快適です。

(引用元:Amazon)



夏のキャンプコーデはおしゃれに楽しもう!

夏対策をしながらアウトドアコーデでもしっかりおしゃれができれば、キャンプも楽しくなりますよね。
ブランドものは高い気がするって方はまずはコスパの良いワークマンやユニクロで揃えてもOK。

また、おしゃれなキャンプも目指したい場合、ちょっとしたギアもこだわりたくなりませんか?
そこで!これからもっとキャンプを楽しみたいという方にお得な情報です。

タナベスポーツではおしゃれなギアなどを購入せずにレンタルできるサービスを行っています。
また、キャンプセットを利用した場合、気になる送料や手数料も無料でさらにお得にレンタルできるので、気になる方はぜひ利用してみてくださいね。

キャンプレンタルはこちら

新着記事

人気記事ランキング

ファミリーで楽しめるワンポールテント

ファミリーキャンプにおすすめ!ワンポールテントの魅力や注意点について解説

ファミリーキャンプにおすすめなワンポールテントは設営が簡単!そして開放感があり子供達も喜ぶ楽しいキャンプができるとこ…

コットンテントは雨の日も使える? 悪天候時の撤収方法やメンテナンス方法をご紹介

コットンテントは雨の日も使える?悪天候時の撤収方法やメンテナンス方法をご…

テント選びで重要視しているポイントは何ですか? 大きさ?機能性?デザイン?こだわりのポイントを持っている人も多いと思…

テントの耐水圧とは? おすすめテントも紹介。

テントの耐水圧とは?目安となる数値やおすすめテントを紹介!

キャンプで気になるのは「お天気」ですよね。1週間前から天気予報をチェックして、傘マークが出ているのを見てはヤキモキ。…

2人用テントの選び方は?おすすめサイズやレンタルできるテントもご紹介

2人用テントの選び方は?おすすめサイズやレンタルできるテントもご紹介【初…

今回は2人用テントの選び方を徹底解説します!2人用テントと言っても数多くあり、楽天やAmazonで「テント 2人用」…

ワンタッチテントのメリットデメリットを紹介

ワンタッチテントはデメリットが多い? 簡単に設置できる仕組みや他のテント…

ピクニックや夏のレジャーなどで活躍するワンタッチテント。 手軽に設営ができて持ち運びもコンパクトなので、あらゆるシー…

【キャンプ初心者必見】2ルームテントの選び方

2ルームテントのおすすめ5選!メリット・デメリットや選び方について解説

前室のリビングと寝室が分かれている2ルームテントは広々と快適に過ごせておすすめ! スノーピークやフィールドア、コール…